BaobabのPaintの流れのご紹介

BaobabとPaintの流れに少し触れたいと思います。

今回は収益の一部をPaint it projecの「絵の具」の費用にして頂くことになりました。
ケニヤの子供たちは「絵の具」に触れる機会がないので、
Paint it projectの中で、絵の具で子供たちに描いてもらうそうです。
Baobab展は今回そうやって「Paint」でつばがりたいな〜と思います。

作家の絵も、何気なく描いた絵も、来場者も、
垣根無く、白い空間に集まったのですが、
そこで集まったお金たちが、Paintでつながるこの感じ。
絵で出来ることの一つとして、素敵な形になったと思います。

そのケニヤの子供たちの絵も、ご覧に慣れる機会を作りたいと思いますので♪